禁煙に失敗…でも今度は間違いなく禁煙する!

1度2度という人もいれば何度も禁煙に失敗してる人は多いでしょう。でも毎回思うのは今度は間違いなく!って事です。気持ちだけでは難しいことを知ったのではないでしょうか?禁煙補助薬を知ってますか?チャンピックスを使って今度は間違いなく禁煙しましょう!

*

禁煙が出来ないのは実は煙草に依存しているのが理由

      2016/09/27

近年では煙草を吸うことのできない場所が増えてきましたし、積極的に分煙を進める場所も増えてきました。そんな流れの中で、毎年多くの人が「今年こそは決別しよう」と決意をして実行していますが、1年後に達成した人はわずかであるという統計データが出ています。

まず禁煙できたかそうでないかとはどのような基準を用いるのでしょうか。

1週間、1か月、1年など期間は様々ですが、ここでは1年間で吸うことを我慢できた場合に、再度喫煙者になる確率が低いという統計データから、1年間の禁煙を達成した場合に達成したと定義し、この基準で考えると、成功率は非常に低いという統計データがあります。実際に1年間での平均的な禁煙成功率は6%程度となっており、ほとんどの人が挫折し再度喫煙者に戻ってしまっているということが分かります。

なぜ多くの人が禁煙を達成出来ないのか、その理由について煙草の「習慣性」、「依存性」が関連していると言われています。「習慣性」と依存性」とはいったいどんな仕組みになっているのでしょうか。

習慣性

禁煙を試みようとしている人のほとんどは数年以上の単位で喫煙を習慣化してきた人たちです。

つまり煙草が生活の一部となり、イライラした時や休憩したいときなどに吸ってきたという習慣から、一度は手放したとしてもかつては吸っていたような場面に出くわしてしまうと、手放せなくなってしまっています。逆を言えば、喫煙して数か月というような喫煙の習慣化が浅い場合の人には、容易に達成することができると言えます。

依存性

また煙草に含まれるニコチンには強い依存性があると言われており、その強さはヘロインと同程度との議論も存在します。

つまりニコチンによって脳内でドーパミンが発生され快楽を覚えてしまい、一度やめようと試みてもその快楽をもう一度得ようと禁断症状が出てしまうのです。薬物に一度手を出すとなかなか止められないように、ニコチンの快楽を習慣的に得ていればいるほどその快楽を手放すことは難しくなってくると言えます。

2つを離して行う方法もある

ここまで話してきたように、煙草には「習慣性」と「依存性」という2つの観点がるあるということを説明してきました。

実際にはこの2つの観点を分けることで解決しようする試みもあります。つまり習慣性は残しながら依存性を下げるために、ニコチンだけは少しずつ摂取するという方法もあります。

このように、その性質に合わせて実行していくことが大切なことと言えるでしょう。